浦安こども診療所

MENU

一般小児科

Pediatrics

一般小児科について
About Pediatrics

風邪

子どもの病気の中でも一番多いのが風邪です。鼻や喉にウイルスなどの病原菌が感染し炎症を起こします。
症状は、咳、鼻水、のどの痛みや発熱等で原因の約9割がウイルス(ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、パラインフルエンザウイルスなど)によるものです。時に気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、熱、鼻汁、咳など症状の経過をしっかり観察することが重要です。当院では必要に応じて血液検査やレントゲンを用いて、こじらせていないかどうかを適切なタイミングで判断また治療を行います。

風邪をひいた男の子

感染性腸炎

症状は嘔吐、下痢、発熱などで、大半はウイルス(ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなど)が原因となります。多くは対症療法で軽快しますが、場合によっては低血糖や脱水に至ることもあり、しっかりとしたケアが必要となります。
細菌性腸炎(サルモネラ、カンピロバクター、病原性大腸菌など)は合併症も多く、それらを見逃さないよう慎重な診察を行っていく必要があります。当院では必要に応じて便検査や血液検査、点滴治療も行います。

伝染性疾患

発疹や発熱など、それぞれ特徴的な症状、経過を呈します。
インフルエンザ、手足口病、ヘルパンギーナ、溶連菌感染症、麻疹、風疹、水痘、おたふく、RSウイルス、マイコプラズマなどが集団生活で流行する代表的なものです。当院では適切な診断(必要に応じて迅速検査や血液検査)、治療、生活指導を行います。

診療案内

  • 一般小児科
  • 小児消化器内科
  • 小児アレルギー科
  • 小児皮膚科
  • 予防接種
  • 乳幼児健診